動物性と海洋性のコラーゲンのちがいとすっぽん

今や様々な化粧品やサプリメントに配合されているコラーゲン。しかし、一口にコラーゲンと言っても実は原料は様々であることはご存知でしたか?コラーゲンには大別すると「動物性コラーゲン」と「海洋性コラーゲン」の二種類があります。それぞれの特徴を活かして使い分けると、より高い効果を得ることが出来ますよ。

手軽さがメリットの「動物性コラーゲン」

「動物性コラーゲン」または「アニマルコラーゲン」と呼ばれるのは、読んで字のごとく動物を原料とするコラーゲンで、牛、豚、鶏といった食肉としてお馴染みの動物から摂ることが出来ます。食材の例としては牛すじや豚足、手羽先など。誰でも一度は食べたことがあるものばかりであることから分かるように、動物性コラーゲンのメリットは、なんといっても比較的安価で手に入れやすいことです。

反対にデメリットは、資質が多いため食べ過ぎるとカロリーも高くなってしまいがちなことです。また、構造が複雑でなおかつ分解には高い温度が必要なことから吸収に時間がかかり、あまり効率がよいとは言えません。さらに、食物アレルギーにも注意が必要です。

新たに注目される海洋性コラーゲン

「海洋性コラーゲン」または「フィッシュコラーゲン」は、魚介類を原料とするコラーゲンのことです。魚の皮やうろこなどから抽出され、よく使われるのは魚はサメ、サケ、マグロ、イワシなど。高級なものになると、すっぽんやフカヒレが挙げられます。海洋性コラーゲンのメリットは、動物性コラーゲンよりも分解されやすく、分子量が細かいため吸収効率がよいことと、脂肪分が少ないためカロリーも低く抑えられることです。

また動物性コラーゲンに比べるとアレルギー反応が起こりにくく安全性が高いと言われています。一方で、コラーゲンを抽出するのに手間がかかるため、動物性コラーゲンより値段が高いというデメリットがあります。また、食材としてはコラーゲンが豊富な部分は限られるため、多くの量を摂ろうとするとこちらも動物性コラーゲンより高くつきます。

コラーゲンを効率的に摂取するためには

日常生活で効率的にコラーゲンを取り入れるために大切なのは、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンそれぞれのメリットとデメリットを理解し、上手く使い分けることです。食事に取り入れる際は飽きがこないように、また栄養バランスが偏らないように交互にメニューを考えるなど工夫しましょう。また、最近は動物性・海洋性の食材から抽出したコラーゲンをボール状に固め、鍋物や汁物に加えたりそのまま食べられるようにした「コラーゲンボール」などもあるので、こうしたものを活用するのも一つの手です。

さらに手軽なのは、サプリメントでしょう。サプリメントなら食品よりもさらに効率的に摂取出来るよう工夫されていますし、調理の手間も必要ありません。コラーゲンの効果を実感するのに一番大切なのは、継続して摂取することです。こうした様々な方法で、無理なく日常生活でコラーゲンを取り入れていきましょう。

コラーゲンはすっぽんもオススメ

ここまで、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンの違いについて一通り説明してきましたが、それぞれのコラーゲンの中でも特にどのようなものを選べばよいのでしょうか。海洋性コラーゲンの中で、特におすすめしたいのがすっぽんです。コラーゲンだけではなくビタミンB群、必須アミノ酸など豊富な栄養が含まれており、古くからスタミナ食として知られているように、美肌だけではなく疲労回復などにも高い効果があります。そして、その中でも外国産のすっぽんより日本産のすっぽんの方が栄養素が多いと言われています。とはいえ高級食材であるすっぽんを普通に食べようと思うとかなりのコストがかかってしまいますし、カメを食べるのはちょっと…と抵抗のある方もいるかもしれません。

でも、すっぽんそのものではなくすっぽんを原料にしたサプリメントなら、手頃な値段で気軽に続けることが出来ますよね。すっぽんのサプリメントを選ぶ際のポイントは、通常のコラーゲンより分子細かく吸収されやすい「低分子コラーゲン」あるいは「コラーゲンペプチド」と記載のあるもの、日本産のすっぽんを原料にしているもの、肉だけでなく内臓まで全てを原料にしてあるものを選ぶことです。日々の食事に加えてサプリメントを上手に活用して、美肌を手に入れましょう。

まとめ

コラーゲンには「動物性コラーゲン」と「海洋性コラーゲン」とがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。動物性コラーゲンは安価で手に入れやすいが吸収性が低く、海洋性コラーゲンは比較的高価で食材から多量には摂りにくいが安全性と吸収性は高いです。これらの特徴をよく理解して使い分け、また食事だけで足りない分はサプリメントなどを活用して補い、継続的にコラーゲンを摂取出来るようにしましょう。

Top