高分子と低分子コラーゲン、コラーゲンペプチドの違いと美肌効果

美肌成分としてよく聞く「コラーゲン」。その研究は日進月歩で進んでいます。最近は、単に「コラーゲン」ではなく「高分子」「低分子」「コラーゲンペプチド」といった呼び分けがされているのを目にすることも増えました。これらはコラーゲンの分子のサイズや構造によって区別されており、吸収されやすさの目安にもなっています。

「高分子コラーゲン」の正体とデメリットを知ろう

食品などに含まれている一般的なコラーゲンは、主に「高分子」と呼ばれる大きな塊状になったものです。高分子コラーゲンは、そのまま人体に吸収されるわけではなく、摂取するといったん分解されてアミノ酸になり、そのアミノ酸がコラーゲンの原料になるのです。しかし、コラーゲンを分解して出来たアミノ酸のうち再びコラーゲンになるのはほんの一部にすぎず、しかも体のどの部分のコラーゲンになるのかは分かりません。

たとえば美肌効果を期待してコラーゲンを摂取したとしても、実際には骨や筋肉の材料になる可能性もあり、必ずしも目的通りになるとは限らないのです。そのため、「食品からコラーゲンを摂取しようとするのは非効率的である」とか「コラーゲンを含む食品を摂取しても体内のコラーゲンを直接増やせるわけではないので無意味」などと言われることもあります。

また仮に食事でコラーゲンを摂取出来たとしても、実際に体内で生成されるコラーゲンの量とは開きがあり、さらに年をとって食事の量自体が減ると、それに比例して体内でのコラーゲンの生成量や、維持できる量も減少してきます。

効率的なコラーゲン吸収には「低分子コラーゲン」がおすすめ

そこで、より効率的にコラーゲンを吸収するための方法として注目されるようになったのが「低分子」のコラーゲンです。コラーゲンは元々らせん状の構造をしており、高分子コラーゲンの分子量は30万程度と言われています。料理などで馴染みのあるゼラチンは、高分子コラーゲンの分子を熱によって分解して細かくしたものなのですが、低分子コラーゲンはそれをさらに断片化したもので、分子量は5000以下にまで小さくなっています。

コラーゲンの分子を酵素によって細かくする工程を「低分子化」と呼び、研究の結果、低分子化されたコラーゲンはアミノ酸に分解される過程を経ることなくコラーゲンのまま直接人体に吸収されることが分かりました。つまり、高分子コラーゲンよりも効率がよく、高い効果が期待できるのです。

こうした理由から、最近はコラーゲンを含有した美容化粧品やサプリメントなどのアピール文句として、「低分子コラーゲン」と言う言葉を目にする機会が増えています。

コラーゲンペプチドはコラーゲンの素になる

「コラーゲンペプチド」は、低分子コラーゲンと同じものと考えて差し支えありません。コラーゲンペプチドはコラーゲンとして体内に直接吸収されるだけでなく、細胞の代謝を促す線維芽細胞(せんいがさいぼう)を活性化させてくれます。線維芽細胞はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮を作る物質を生みだし、若々しい肌を保つための役目を発揮します。コラーゲンペプチドを摂取することにより線維芽細胞が増えれば、潤いと弾力を失った肌をよみがえらせることが出来ます。

コラーゲンを摂っても美肌にはなれない?

前述したように、コラーゲンは美容成分の代表格として知られる一方、「コラーゲンを含む食品を摂取しても無意味」という意見もありますが、本当にコラーゲンを摂取しても美肌にはなれないのでしょうか?コラーゲンについてはまだ研究の途上で専門家の間でも見解が分かれており、議論には結論が出ていないのが実情のようです。どちらの側にも多くの意見がありますが、特に代表的なものをまとめると以下の通りになります。

効果はないとする意見の根拠は「コラーゲンを含む食品を食べても、そのコラーゲンはアミノ酸に分解されてしまう」「アミノ酸から再生成されたコラーゲンは必ずしも肌のために使われるとは限らない」効果があるとする意見の根拠は「アミノ酸として分解されてしまうのは、摂取したコラーゲンのうちの一部にすぎない」「少なくともコラーゲンペプチドは分解されずにそのまま吸収される」となります。

コラーゲンが美肌に効果ないとは言えない

しかし、いずれにせよ低分子コラーゲンについては実験や研究で一定の結果が出ているのは事実です。また、たとえ高分子コラーゲンはアミノ酸に分解されてしまったとしても、アミノ酸はコラーゲンの素になり、そのコラーゲンが肌に使われる可能性は確実にあるのですから、全くの無意味と切り捨ててしまうのは少々乱暴と言えるでしょう。

まとめ

コラーゲンは分子の大きさによって種類が分かれています。一般的な高分子コラーゲンは体内で一度アミノ酸に分解されてからコラーゲンとして再生成されて体内に吸収されるため、効率が悪いと言われています。しかし、低分子化させたコラーゲンは、直接吸収することが出来、また美肌に欠かせない細胞を活性化するため肌を若返らせる効果が期待できます。コラーゲンのサプリメントやドリンクを飲む際は、低分子コラーゲンを含むものを選べば、より効率的にコラーゲンを摂取することが出来ます。

Top