美容を目指す女性必見!コラーゲンと相性がいいアロエについて

ビタミンやミネラルに富み、古くから観賞用としてだけでなく塗って良し食べて良しの民間薬として親しまれてきたアロエ。実はコラーゲンと非常に相性が良いんです。その秘密はアロエに含まれる強力な保水成分や健康成分のため。中でも「アロエステロール」という成分は、10を超える特許を取得しています。

コラーゲンと相性抜群なアロエの保水力

アロエは元々アフリカ大陸やマダガスカル島など乾燥した気候の土地に生える植物です。そのため、厳しい環境に耐えられるように高い保水力と多くの栄養分を持っています。こうしたアロエの成分を応用した含む化粧品にも、肌の水分を守り乾燥を防ぐ効果があります。また、肌の新陳代謝を活発にさせてメラニン色素を排出させる働きがあり、紫外線のダメージを受けた肌を回復させ、シミが出来にくくしてくれます。

せっかく食材やサプリメントによって体の内側からコラーゲンを摂取しても、外部からのダメージを受ければ効果は薄れてしまいます。アロエはバリアとなって肌を守り、再生力を高めてコラーゲンの維持を助けてくれる、美肌につながる植物なのです。

アロエを食べるとコラーゲンが増える

アロエは塗るだけでなく、食べても美容効果を発揮します。アロエには、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった肌のために重要な成分を作る「線維芽細胞」を活性化させる働きがあります。線維芽細胞が元気になると体の中からコラーゲンを作る機能が高まり、肌にハリや潤いが生まれます。さらに紫外線のダメージを予防することも出来ます。アロエは若々しい肌を保つための強い味方なのです。ただし、十分に効果を感じるにはある程度まとまった量のアロエを食べる必要があります。

日本ではヨーグルトに混ぜて食べるなどの方法が一般的ですが、一度にそんなにたくさんは食べられそうにありませんよね。手軽さも効率もサプリメントの方が上です。ですから、メインとしてサプリメントを摂取しつつ、補助的なものとしてアロエを利用すれば、続けやすくさらに相乗効果も期待出来ます。

まとめ

高い保水力と豊富な栄養分を持つアロエ。アロエから作った化粧品を使うと肌のバリア効果や再生能力を高め、外部の刺激から守ってくれます。また、食用としてのアロエには、線維芽細胞に働きかけてコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分の分泌を促してくれる効果があります。しかしアロエを大量に食べるのは大変なため、サプリメントを主軸としつつ、より一層効果を高める助けとしてアロエを取り入れるのがベストな方法です。

Top