コラーゲンでほうれい線は改善する?

老け顔の原因として多くの人を悩ませるほうれい線。ほうれい線は、コラーゲンの減少などによりハリを保てなくなった肌がたるむことで出来てしまいます。早めの対策でほうれい線を撃退しましょう!

コラーゲンの減少がほうれい線を作る

ほうれい線は、主に加齢によるコラーゲンの減少などで肌のハリが失われ、たるむことによって生じます。しかし、若い人ならコラーゲンの減少は起きないかというと、そうとも限りません。コラーゲンは加齢だけでなく、紫外線によるダメージや偏った食事、運動不足などの影響によっても減少するのです。

ほうれい線の有無は見た目年齢を大きく左右する上、一度出来てしまうとなかなか簡単には消えません。ですから、出来る前に予防をすることが重要なのです。

コラーゲンでほうれい線を防ぐ

ほうれい線を予防または改善するには、コラーゲンを減らさないことと増やすことが大切です。コラーゲンの減少を防ぐ方法として有効なのが、まず紫外線を防ぐこと。肌が紫外線を浴びるとコラーゲンが破壊され、シミやたるみを引き起こす光老化と呼ばれる現象が起こります。光老化は加齢以上に肌を老化させる要因になるという説もあります。次に、無理なダイエットや特定の食材のドカ食いなど、栄養バランスが偏るような食生活を避けること。食習慣の乱れは肌の新陳代謝のサイクルをも乱してしまいます。

こうした肌を守るための基本をきちんと抑えた上でコラーゲンを摂取してこそ、その効果を最大限に発揮することが出来るのです。コラーゲンを摂取する方法は色々ありますが、十分な量のコラーゲンを食事で摂り続けるのは難しく、また一時的に大量に摂取しても吸収しきれなかった分は体外に排出されてしまうため、常に安定した量を手軽に摂れるサプリメントがおすすめです。

まとめ

ほうれい線は、加齢などによってコラーゲンが減少し、肌のハリが失われることで生じます。しかしコラーゲンの減少は若い人にも起こり得ます。コラーゲンの減少は、紫外線や乱れた食習慣など肌にダメージを与える要因を取り除き、さらにサプリメントなどでコラーゲンを摂取することによって食い止めることが出来ます。ほうれい線を予防または改善するには、こうした日々の心がけが大切です。

Top