コラーゲンが関節に良いとされる理由と軟骨の役割

潤いのある健康で美しい肌作りには欠かせないコラーゲン。実は外側に見える部分だけでなく体の中にある関節にとっても非常に重要です。コラーゲンは関節のクッションの役割を果たす軟骨を構成する主要な成分でもあるのです。

関節の健康には必須のコラーゲン

骨と骨を連結させる関節。関節の骨と骨が接する部分は、関節軟骨と呼ばれる組織で覆われています。関節軟骨は弾力性に富み、硬い骨同士が直接ぶつからないようにクッションとしての役割を果たし、また関節の動きを助けています。この関節軟骨の基礎を築いているのがコラーゲンで、軟骨のおよそ50%を占めるとも言われています。

関節軟骨のコラーゲンが減少するとクッション機能が低下して軟骨がつぶれやすくなって骨と骨がぶつかり、関節の痛みの原因となってしまいます。関節の滑らかな動きを守るためにも、十分なコラーゲンを摂取することが必要です。

コラーゲンを含む食事とサプリメントで関節を守る

コラーゲンを摂取する方法としては、食事とサプリメントがあります。食事は毎日するものなのでそこへコラーゲンを取り入れるのは簡単なように思えますが、コラーゲンを多く含む代表的な食材は肉類が多いため、大量に食べるとカロリーの摂りすぎや栄養バランスの乱れが気になります。

また、似たような食材に偏りがちで飽きがきてしまうことも考えられます。そこでサプリメントの出番です。バランスのとれたメニューを食べつつサプリメントでコラーゲンをプラスすれば栄養管理も簡単で、なおかつ手軽に関節の健康を守ることが出来ます。

まとめ

関節のクッションの役割をする関節軟骨は主にコラーゲンで構成されています。そのためコラーゲンが不足して弾力が失われるとクッションとしての機能が低下し、関節の痛みの原因になります。関節を守るためにはコラーゲンを摂取することが必要ですが、食事だけで十分な量を摂取しようとすると栄養の偏りやカロリー過多などのデメリットがあるため、サプリメントを活用してコラーゲンを補う方が合理的です。

Top